大阪などでシュークリーム店「ベイクドマジック」を運営するヤムヤムクリエイツ(大阪府東大阪市)は初の自社工場を設ける。投資額は約1億円で生産能力を約3倍に引き上げる。フランチャイズチェーン(FC)など店舗網のさらなる拡大に向けて供給体制を整える。

東大阪市内に新設する工場の敷地面積は計約500平方メートル。月20万個程度を生産し、8月末に本格稼働する。
工場2階に本社を移転し店舗も併設する。これまでは心斎橋や東大阪の店舗内でシュークリームを作って店舗や駅の土産物売り場などに配送しており、店舗網の広がりに供給が追いついていなかった。

ヤムヤムクリエイツは2010年に創業し、店舗や百貨店などの催事でシュークリームを販売している。
16年春にベトナムに進出しており、日本国内でもFCなどを活用して全国展開を始める考えだ。

2016.8.22.付 日経新聞より