定食店「まいどおおきに食堂」を展開するフジオフードシステムは、丼店「ザ・どん」などを運営するダスキン子会社の「どん」(大阪府吹田市)を買収したと発表した。海鮮丼中心の業態から様々な丼ものをそろえた店に転換し、店舗収益の改善や出店拡大を目指す。
11月30日付でどんの全株式を取得した。取得額は非公表。どんはザ・どんの他、おひつでご飯を提供する「四季五感」を展開している。
店舗は商業施設内を中心に直営が3店、フランチャイズチェーン(FC)が27店ある。2016年3月期の全店合計の売上高は前の期比9%減の14億円だった。
05年3月期には約100店あったが、競争激化などで収益が悪化し閉店が続いていた。
フジオフードは店舗をローストビーフ丼など様々な丼料理を販売する業態に転換する考えで、まず大阪市にある直営店1店をモデル店舗として刷新する。
立地に合わせて提供する商品を変えるなどして、現在1店当たり月約400万円の売上高を600万円まで引き上げる。

2016.12.1.付 日経新聞より