シュークリーム店「ベイクドマジック」を運営するヤムヤムクリエイツ(大阪府東大阪市)はベトナムで菓子製造を始める。12月中旬にハノイの工場が本格稼働、月20万個程度を製造する。ホーチミンなどベトナム国内やアジアに店舗網を広げるための供給拠点にする。
工場にシュークリームの生地を焼くオーブンやクリームを作る設備を導入した。投資額は約3500万円。これまでは日本で製造したシュークリームを輸出していたため店舗で扱う商品数が少なかった。2017年からはチーズケーキやタルトなどの菓子類も現地で製造、販売する。

同社は今年10月にスーパーなどを展開するベトナム企業と合弁会社を設立した。
ハノイで7店舗を運営しており、工場の本格稼働後は年間20~30店と新規出店を加速する。ハノイ以外のベトナム国内や他のアジア諸国での合弁やフランチャイズチェーン(FC)による店舗展開を検討しており、商品の供給はハノイの新工場を活用する予定だ。

2016.12.6.付 日経新聞より