調査会社の富士経済(東京・中央)は、2016年の国内の外食産業市場が15年比で0.7%増の33兆2806億円になるようだと発表した。ハンバーガーなどのファストフード、コンビニエンスストアのホットスナックやドーナツといった持ち帰り総菜などが伸びている。
調査は国内の外食市場で14分野の138業態について関連企業・団体などへの聞き取りや統計調査などから推計した。

分野別ではファストフードが3.4%増の3兆458億円になる見込み。
持ち帰り総菜は2.4%増の7兆1624億円になりそう。
市場成長率が高い業態では、高価格帯のプレミアムハンバーガーが23.3%増の72億円と最も伸びる。
成長率2位は天丼・天ぷらの21.3%、4位はとんかつ・かつ丼の16.4%だった。
高齢化や共働き世帯の増加で、家で揚げ物をせずに外食を利用する傾向が広がっている。
スキー場が雪不足だった前年の反動で伸びるほか、肉ブームを背景に牛タン料理専門店、ブラジル風バーベキューのシュラスコ料理専門店なども成長市場として注目できるとした。

2016.12.7.付 日経MJ