ロイヤルホールディングス(HD)は海外も含めた天丼チェーン店「てんや」を2020年に現在の1.5倍に当たる330店態勢にする方針を明らかにした。特に海外の出店を加速し、3倍の50店にする。各国の食文化などに合わせたメニュー開発も模索し、東南アジアを中心にフランチャイズ(FC)展開を進める。
ロイヤルHDは13年、タイの地元企業とFC契約を結び、てんやの海外1号店を出店した。インドネシア、フィリピンでもそれぞれ地元企業とFC契約を締結し、現在は3ヶ国で15店を展開している。

2016.12.23.付 毎日新聞より