教育・人材関連のヒューマンホールディングスは、2021年3月期の海外売上高比率が20%程度と今期予想から約15ポイント上昇する見込み。
中国などでロボット組み立て教室を増やす。東南アジアでは外国人の人材派遣事業を拡大する。
17年3月期の海外売上高は36億円を見込む。中国では小学生向けのロボット教室をフランチャイズで展開する。
20年までに10万人の会員獲得を目指す。17年からはアラブ首長国連邦やインドなどにも事業を広げる方針だ。
16年7月には外国人IT(情報技術)技術者の派遣事業を始めた。東南アジアなどで日本語を話せる技術者を採用し、人手不足に直面する日本のIT企業に派遣する。

2017.1.5.付 日経新聞より