セブン-イレブンの東京都武蔵野市内の加盟店が、風邪で欠勤したアルバイトの女子高校生(16)から9,350円の「罰金」を取っていたことが分かった。
セブン-イレブン・ジャパンは「労働基準法違反に当たる」として、加盟店に返金を指導した。
親会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターなどによると、女子生徒は1月後半に風邪のため2日間(計10時間)欠勤した。
1月26日にアルバイト代を受け取った際、給与明細には25時間分の2万3,375円が記載されていたが、15時間分の現金しか入っていなかった。
手書きで「ペナルティ」「9,350円」と書かれた付箋が、明細に貼られていた。
店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティ」として、休んだ10時間分の9,350円を差し引いたと保護者に説明したという。

2017.1.31.付 毎日新聞より