ファミリーレストランの庄屋などを展開するフードプラス・ホールディングス(長崎県佐世保市)は地域スーパー大手のイズミのグループ会社と組み、「定食屋百菜 旬」をFC(フランチャイズ)展開する。
FC1号店として、5月に島根県江津市の「ゆめタウン江津店」に出店する。フードプラスは「百菜」を直営しているが、イズミの中・四国などのゆめタウンのほか、FC加盟者を募集し、全国展開する。
フードプラス子会社で百菜を展開するハルフードシステムがイズミのグループ会社、イズミ・フード・サービス(広島市)とフランチャイズ契約した。
フードプラスは九州、広島、山口でファミレスの庄屋、居酒屋の「雑魚屋」、てんぷら専門店の「那かむら」など約140店を直営している。
フードプラスは将来の株式上場を目指しており、出店スピードを上げる。

2017.2.17.付 日経新聞より