ペッパーフードサービスが展開する立ち食いステーキ専門チェーン「いきなり!ステーキ」がニューヨークで海外1号店を開いた。
日本のステーキチェーンの米国進出は初めてとみられる。
立食、しょうゆやワサビなどの味付け、チップなし、量り売りなど米国では珍しい形態が受け入れられるのか。ステーキの本場で挑戦する。
米国でも日本と同様、グラム単位でリブアイやサーロイン、ヒレを量り売りする。ヒレ200グラムで22ドル(約2500円)、リブアイ300グラムで27ドルなど。
高級店と比べると半値近い。米国産牛肉を使うが、「Jステーキ」というブランドで売り出す。
ランチは20ドルから。ニューヨークのラーメン専門店と変わらない水準にした。

2017.2.22.付 日経新聞より