コメダホールディングス(HD)傘下で「コメダ珈琲店」を展開するコメダは、出店加速へ新たな施策を打ち出す。
個人のFC(フランチャイズチェーン)オーナー向けに、建物や内装の工事代といった初期投資をコメダが一時的に肩代わりする。
個人がFC経営に参入しやすくすることで、現在の約740店から2020年度までに1000店へ拡充する計画だ。
今後、対象者の募集や選定に入る。

コメダ珈琲店を開きたい個人に対し、建物や内装の工事費用をコメダが立て替えて初期負担を軽減する。個人オーナーは、費用を毎月賃貸料としてコメダに返済する。例えば一戸建ての郊外型店舗の場合、店内の厨房設備や家具などをリースすれば、通常で約1億円かかる初期投資を半分以下に抑えられるという。
全店舗(約740店、2月末)の9割以上がFC店で、金銭的な支援策を強化することで幅広い個人の参入を促す。
スターバックスコーヒージャパンは3月27日時点で約1250店、ドトールコーヒーは、2月末時点で約1350店(「ドトール」「エクセルシオール」、その他ブランドの合計)を展開している。

2017.3.28.付 日経新聞より