マッシュHDは「ミラオーウェン」や「スナイデル」などの複数のブランドを日本で百貨店や駅ビルで展開。
中国でも2011年に上海梅龍鎮伊勢丹にスナイデルを開業したのを手始めに、現在は中国・香港・台湾などで約160店を構えている。16年8月期の海外売上高は前の期に比べ約2割増の97億円。全体の売上高も約2割増の580億円だった。
中国での出店はさらに加速する。
従来は直営店を中心に広げてきたが、17~18年にかけてはフランチャイズチェーン(FC)の出店を強化する。
直営店の運営で集めたデータをFCの契約先と共有しながら、販売を拡大。スナイデルを中心に、2年で約70店増やす。

ネットで支持を集めながら、中国で得た収益を再び日本でブランドを磨く資金にあてるなど、アジアで稼ぐ好循環が生まれている。

2017.4.21.付 日経MJより