LIXIL住宅研究所(東京・江東)などは災害時に地域住民の避難所となる住宅展示場を山形県米沢市で報道関係者に公開した。
電気自動車から給電できるなど災害に強い「レジリエンス(強じん化)住宅」のモデルハウスを核に、災害時には地域住民に開放して生活維持に役立てる。住宅展示場を災害対策拠点兼用とする全国でも珍しい取り組みだ。
避難所として使える住宅はLIXIL住宅研究所の次世代レジリエンスホーム「家+X」。
展示場はフランチャイズ加盟店の中村建設(米沢市)が整備した。

LIXIL住宅研究所の加盟店が開設した災害に強い住宅展示場としては全国で4ヶ所目。
ホンダが開発中の車から住宅へ電気供給するシステムを装備した全国初の施設となる。

2017.5.10.付 日経新聞より