日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が22日発表した4月のコンビニエンスストア売上高(既存店ベース、速報値)は、前年同月比0.3%増の7752億円だった。
2ヶ月連続で増加した。弁当やおにぎり、コーヒーなどの日配食品が引き続き好調だった。寒暖の差が大きかったことから、冷たい商品、温かい商品いずれも幅広く売れたもようだ。
客数は0.5%減と14ヶ月連続で減少した。外食店やドラッグストアなど他業種との競争激化が響いた。
一方で平均客単価は1人あたり604円と前年同月から0.7%上昇し、25ヶ月連続のプラスとなった。

2017.5.22.付 日経新聞より