ミニストップはコンビニエンスストア加盟店に従業員を派遣するサービスを拡大する。
現在6カ所ある派遣拠点を2017年度中に10拠点まで増やし、派遣対象店舗の比率を95%まで高める。外国人留学生が在籍する専門学校や自治体などとの連携も進め、パートやアルバイトの確保に悩む加盟店を支援する。
同社は現在、首都圏や愛知県、福岡県などを中心に約2200の店舗を持つ。
人材派遣会社を通じ、人手が不足している加盟店に従業員を派遣する。3月に6カ所目となる派遣拠点を千葉県に開設。派遣対象の店舗は約1200店と全体の53%となっていた。

2017.5.24.付 日経MJより