ミトラ・アディプルカサ(インドネシアの小売り大手) 百貨店部門を縮小する検討に入った。インターネット通販や外食、旅行などの「コト消費」拡大で商品販売が打撃を受けているため。百貨店は58カ所ある。
ミトラは「スターバックス」「ZARA」「マークス・アンド・スペンサー」などの外国ブランドの店舗をフランチャイズ契約で手掛ける。
百貨店は「そごう」「ギャラリー・ラファイエット」「西武」「デベンハムズ」「ロータス」という5つのブランドで合わせて58店展開している。
これら百貨店はミトラの総床面積の約半分を占めるが、今年1~3月の営業利益は全体のわずか2%にとどまり、2016年通年の4%、15年の17%から落ち込んでいる。

2017.5.24.付 日経新聞より