ローソンは鹿児島県内の6つの高校の生徒がそれぞれに考案したパンを県内の「ローソン」約190店で6月6日から順次売り出す。
県産食材を使い、地元をPRすることがテーマ。各校の商品を2週間ずつ扱い、8月28日までの期間中に合計で12万個の販売を見込む。
鳳凰(ほうおう)高校(南さつま市)の「天使の卵」(108円、6日発売)は県産のかぼちゃペーストなどを白い生地で包んだ。神村学園高等部「エンジェルメロンぽん」(130円、20日発売)は地元・いちき串木野産のポンカンで作ったジャムを用いる。
鹿児島情報高校(鹿児島市)の生徒は県産黒豚を具材にし、生地に県産竹炭・米粉を練り込んだカレーパン(同、7月4日発売)を考案した。鹿屋中央高校(鹿屋市)、伊佐農林高校(伊佐市)、鹿児島商業高校(鹿児島市)の商品は140円で販売する予定だ。

2017.6.5.付 日経新聞より