学習塾のナガセは子会社の早稲田塾の校舎を8月をめどに11校閉鎖する。全23校舎のうち、業績不振に陥っていた千葉県や埼玉県の校舎を中心に廃校にする。閉鎖費用は3億円程度で、講師など経営資源を生徒が集まりやすい校舎に集中させる。

ナガセは「東進ハイスクール」など、主に高校生を対象に教育事業を手がける。
2014年にAO(アドミッション・オフィス)入試や推薦入試対策で実績のある早稲田塾を買収した。
ただ首都圏での競争激化を背景に業績不振が続き、ナガセは4月下旬に25億円の特別損失を計上したと発表していた。

2017.6.6.付 日経新聞より