セブン-イレブン・ジャパンは、2019年に沖縄でコンビニエンスストア「セブンイレブン」の1号店を開くと発表した。
5年で約250店を目指す。
セブンは沖縄進出で全都道府県に店舗網が広がる。
セブンは出店に先立ち17年中をメドに100%出資の現地法人を設立する。
店舗運営や商品開発を現地主導で進める狙いで、「沖縄に根差して店舗展開を進めていく」(古屋社長)という。
今後はコンビニ店舗のオーナー募集を始めるほか、現地企業と組んで弁当やおにぎりの専用工場や配送センターを早期に立ち上げる計画だ。

2017.6.9.付 日経新聞より