食品スーパーなどを展開するヤスサキ(福井市)は、ワールドのフランチャイズチェーン(FC)として女性服や雑貨などを扱う新業態の店舗を展開する。
ヤスサキのスーパー「グルメ館」が核店舗のショッピングセンター(SC)「パリオシティ」(同)2階で14日から営業する。
家族連れなどを呼び込んでSC全体の集客力を高めるのが狙い。
店舗の広さは約230平方メートルで、年8000万円の売り上げを目指す。
同社は福井県内でワールドの婦人衣料の専門店「シューラルー」を4店運営している。
パリオシティ内にも店があるが、今回「新たな業態を設けてSC全体の魅力を高める」としている。
グローブ、ハッシュアッシュが好調な場合、同社が運営したり、核テナントに入ったりしている他の商業施設内にも展開する考えだ。

2017.6.10.付 日経新聞より