タイの首都バンコクで楽器販売や音楽教室などが一体になった「ヤマハミュージックスクエア」を開業する。
3000万バーツ(約9600万円)を投じた。2017年は前年比10%増の12億バーツの売り上げを目指す。

共同出資するタイの自動車会社サイアム・モーターズが保有するビルを改装して開業する。
延べ床面積は2500平方メートル。ピアノやギター、金管楽器などの楽器を販売するほか、録音スタジオや小規模なコンサートホールも設けた。
プロのミュージシャンを講師に招き、教師を目指す人向けの音楽教室も運営する。

これまで首都バンコクの中心地にある高級ショッピングモール「セントラル・エンバシー」に同名の店舗を出店し、楽器を販売していた。
6月17日からオフィス街にあるビルに移転し、スタジオや音楽ホールなどを合わせて提供する形だ。

ヤマハは現在、タイで100店舗の音楽教室をフランチャイズチェーン(FC)形式で運営。年間およそ3万人の生徒を迎えているという。
2017年の生徒数は10%の伸びを見込む。

2017.6.14.付 日経新聞より