居酒屋「八剣伝」などを展開する関西地盤のマルシェは、居酒屋「はなの舞」を運営するチムニーと資本業務提携すると発表した。
消費者の価格志向が依然強く、マルシェの総合居酒屋は割高なイメージもあって苦戦している。チムニーとの共同配送・購入などに取り組んで経営基盤を強化し、顧客を取り戻す。
マルシェの2017年3月期決算では単独売上高が88億円と前の期比10%減。12年3月期に比べると3割減。
フランチャイズチェーン(FC)店の側から契約を打ち切られるケースも増えている、という。

マルシェはチムニーと共同販促や営業データの共有に基づく店舗運営の効率化などに取り組み、約480店ある関西の地盤を強化する。

2017.6.28.付 日経新聞より