たこ焼き店を運営するホットランドは米国に進出する。7月中にカリフォルニア州に子会社を設立し、「築地銀だこ」を中心に出店する。海外ではアジア地域で現在約60店を展開しているが、市場開拓を加速させる。
米国子会社の名称は「Gindaco USA」。資本金は約1億7000万円で、ホットランドが全額出資する。市場調査や店舗の候補地の選定などを手掛ける。米国1号店の店名や時期は未定だが、カリフォルニア州などの西海岸を検討している。
直営店の運営のほか、フランチャイズチェーン(FC)方式での展開も計画する。「北米は巨大な外食市場」(同社)とみて、築地銀だこを中心に多店舗化を進めていく考え。
国内では現在、約600店を運営する。17年12月期の売上高は前期比7%増の340億円、当期純利益は3億5千万円の黒字に転換した。

2017.7.19.付 日経MJより