相鉄ホールディングス(HD)はホテル事業を強化する。
7月14日に相鉄HDの完全子会社でホテルの運営を手がける相鉄ホテルマネジメント(横浜市)を設立。10月1日付で相鉄フレッサインを運営する相鉄イン(同)のホテル事業と、サンルート(同)のフランチャイズチェーン(FC)を含む国内ホテル事業を会社分割の形で切り離し新会社に承継する。ホテルのブランド名は変えない。
新しいタイプのホテルの出店も始める。18年10月に京都市に客室面積が4.5~13平方メートル程度と従来のビジネスホテルより狭く、トイレや風呂が共用の低価格帯ホテルを開く。

2017.8.2.付 日経MJより