元気寿司は全額出資子会社の元気寿司シンガポールの全株式を、香港や中国で元気寿司のフランチャイズ店を運営する香港企業のグループ会社に譲渡する。
アジアでフランチャイズ展開に一段と軸足を移し、海外の出店を加速する。
元気寿司シンガポールは2011年の設立で、シンガポールで4店舗を展開している。
譲渡先は香港の外食大手、美心集団(マキシムグループ)が元気寿司の親会社のコメ卸最大手、神明(神戸市)と7月に設立したジャパニーズ・ダイニング・コンセプツ(アジア)。8月下旬に全株式を売却する。金額は公表していない。
マキシム傘下の元気寿司香港は、香港・中国で元気寿司のフランチャイズ店を120店以上展開している。

2017.8.2.付 日経MJより