ローソンはコンビニエンスストアのレジを8年ぶりに刷新する。自動釣り銭機と一体化して速やかに精算できるようにするほか、英語や中国語にも対応して外国人店員が操作しやすくする。
11月から順次導入し、2018年度中に約1万3千の全店に設置を終える。店舗業務の効率化を進めつつ、店員が簡単に操作できるようにすることで人手不足にも対応する。
自動釣り銭機を組み込み、店員が迷わず正確にお釣りを渡せるようにする。18年半ばからは英語や中国語でも操作できるようにする。
レジと自動釣り銭機は11月からまず新設店舗に設置を始め、18年半ばから既存店のレジも置き換えていく。

2017.8.10.付 日経新聞より