特殊塗料開発のBAN―ZI(バンジ、千葉市)は、油性塗料の上塗りを不要にする水性のさび止め塗料を開発、販売を始める。
施工時に臭いを抑えたい集客施設やマンションの需要を掘り起こす。家庭向けには10色の商品をそろえ、DIYでの利用も促す。施工と合わせて初年度に3億円の売り上げを目指す。
塗装工事の受注があった場合、施工専門の子会社、BBSジャパン(千葉市)が担う。9月からはフランチャイズチェーン(FC)の施工店も首都圏で展開し、施工の受注増に対応する。
同月には東京・千代田に置く「丸の内オフィス」の営業員を現在の2人から5人程度に増やす計画もある。
バンジは09年に設立した。水性さび止め塗料のほか、腐食した鉄の補修に使うポリエステル樹脂シートなどを販売している。17年12月期の連結売上高は前期比7割増の10億円を見込む。

2017.8.18.付 日経新聞より