日経MJがまとめた主な外食34社の2017年9月の売上高は、既存店ベースで約6割の22社が前年同月を上回った。
ファストフードが好調を持続。前年は天候不順や連休が少なく振るわなかった反動もあり、ファミレスや居酒屋、ラーメン・カレー・定食が軒並みプラスとなった。
来店客数は18社でマイナスだが、秋の新メニューなどが寄与し、客単価は約8割の26社で前年を上回った。

2017.10.23.付 日経MJより