介護施設運営・関連商品販売のインフィック(静岡市)は高齢者向けの新たな在宅見守りサービスを始める。
従来のセンサーを使ったシステムを省電力の通信規格に対応させコストを低減。併せて弁当宅配サービスの安否確認と組み合わせ、ネットと対面の双方で見守りサービスの質を高める。

同社はシニアライフクリエイト(東京・港)がフランチャイズ(FC)展開する高齢者専門弁当「宅配クックワン・ツゥ・スリー」に加盟し宅配を手掛ける。実験では弁当を配達している高齢者宅にセンサーを置き、配達時に高齢者の状態を確認する。
今後は全国300店舗以上の「宅配クック」のオーナーにセンサーによる見守りサービスの導入を働きかける。

2017.11.2.付 日本経済新聞より