コメダは中国・上海に海外で3つ目の店舗となる「コメダ珈琲店東和公寓店」を開いた。
上海の浦東新区にある商業施設の2階部分に入る。日系企業のオフィスがたくさんあり、日本人の駐在員も近隣に多数在住。まずはコメダを知る日本人に訴求しつつ、現地の人への浸透を図る考えだ。
現地の事業者とフランチャイズチェーン(FC)契約を結び、店を出した。
席数は54。日本でビルの中に出す標準的な店よりも少なくしているが、内装やメニュー、モーニングサービスなどは日本流を踏襲している。
同社はこれまでに、上海など中国を中心にしつつ、東南アジアなどに店舗網を広げる方針を明らかにしている。

2017.11.24.付 日本経済新聞(中部版)より