株式会社WDIの第二四半期決算報告。「カプリチョーザ」や「サラベス」を出店。キャンペーンの実施などで客数の増加狙う。
海外の新規出店はペースが遅れ気味。国内の店舗閉店の影響もあった。
フランチャイズ(FC)による新規出店や既存店の向上で補い、増収となった。ただし、想定外の閉店や減損の計上が響き、純利益は減少した。

2017.11.29付 日本経済新聞より