日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した2017年の全国コンビニエンスストア売上高(大手8社、既存店ベース)は、16年を0.3%下回り3年ぶりに減少した。コンビニ同士に加えドラッグストアとの競合も激しく、客数が1.8%減と2年連続で落ち込んだことが響いた。
17年の既存店売上高は9兆4738億円。12月まで7カ月連続でマイナスとなるなど年後半の苦戦が目立った。客数の落ち込みは12月まで22カ月続いており、この10年で最長となっている。
1人当たりの購入金額は1.5%増えた。
新規出店を含めた全店ベースの売上高は10兆6975億円となり1.8%増えた。
現在の集計方法となった05年から13年連続のプラスで、店舗数が3.2%増えたことがけん引した。

2018.1.23.付 日本経済新聞より