百貨店でも来年のおせちの予約が始まっていました。数年前には「随分と気が早い動き」と思っていましたが、最近では8月頃から「早割」受付をする通販の「おせち」もあるようです。
「先取り」「早割」というマーケティングが身近なものになっていることを改め実感します。

ところで、フランチャイズチェーンの広告・販促活動も「先取り」が大切です。加盟店の理解と積極的な参加を促すためには、2~3カ月前には加盟店へ広告・販促の概要を知らせて、販促ツール、商品あるいは原材料の予約を取れるようにしたいものです。
本部の営業方針が加盟店に浸透する仕組みが、チェーン全体の収益を向上させた例は少なくありません。

業種業態によって多少違いもありますが、来年に向けてマーケティング活動を先取りして考えてみてはいかがでしょうか。