先日、上越市のセミナーのために、初めて北陸新幹線に乗って、上越妙高駅から上越市へ行ってきました。
新駅の周りはまだ全く整備が進んでおらず、とりあえず駅だけ出来たという感じでした。

地元の方に聞くと新幹線の開通に伴って観光客は一気に増えたということで、
上杉謙信ゆかりの地として、これまで以上に注目を集めるのかもしれません。
しかし、ホテルは不足気味ということで、
観光客誘致のインフラは追いついていないようです。

2020年の東京オリンピックに向けて海外からの観光客がますます増えていますが、
日本の主要都市でもホテルやWi-Fiなどインフラ整備が追い付いていない現状は、
北陸新幹線沿線の各都市と同じような状況なのかもしれません。

フランチャイズ業界もインバウンド需要にこたえられる体制整備を
急がなければせっかくにチャンスを逃すことにもなりかねません。
自社の状況を再度チェックされてみてはいかがでしょうか。