先日、ファミリーマートがココストアを買収するという
ニュースが正式発表されました。
コンビニ業界では、ここ数年業界再編の動きが活発となっています。
ファミリーマートは、サークルKサンクスを傘下に持つ
ユニーグループとの統合交渉も始めています。
先日統合スケジュールの延期が発表され、その行方が注目されていますが、
ココストアの買収とユニーグループとの統合が成立すれば、
店舗数では、セブン-イレブンをしのぐ規模となります。
大手三社の寡占化がどんどん進むコンビニ業界ですが、
独自路線を歩むセブン-イレブンとM&Aに活路を見出そうとする
ファミリーマーとローソンの戦いは、フランチャイズ業界の他分野でも、
FC本部企業の戦略策定の参考になるのではないでしょうか。

事業拡大の手段として有効なフランシステムとM&Aを
どう活用するかというのは、興味深いテーマといえます。
弊社にもフランチャイズ本部立ち上げだけではなく、
M&Aに関するご相談も増えています。
ご興味のある方は、いつでもご相談を。