先日、センブン&アイとアスクルがインターネット通販事業で提携するという発表がありました。きっかけは、アスクルの火災へのお見舞いメッセージをセブン&アイの井坂社長が送ったことだそうです。
ビジネスというのは、やはり人のつながりなんですね。

さて、そんな今回の提携ですが、アスクルが11月に食材の宅配を始めることからスタートとなるそうです。セブン&アイの商品をアスクルの物流網で宅配するという形です。
ネット通販の雄、アマゾンが遅配問題で揺れている現状を目にすると、物流網がネットビジネスのプラットフォームとしてますます重要なポジションを占めるようになっている証なのでしょう。
ネットとリアルの融合における物流網の整備に関しては、自前でやるのか、外部と協力し合う関係を構築するのかが今後の大きな課題となりそうです。

フランチャイズ業界でも新たに宅配を始めているチェーンも増えています。レストランチェーンでは、UBEREATSに委託しているところもあります。配送機能をどうするかが成功の鍵となりそうです。