先日人手不足倒産4割増という記事が出ていました。今年上半期49件、サービス業が最多だそうです。人手不足による売上高の不足や人件費の上昇による収益の圧迫により、今後はさらに厳しい状況が予測されそうです。

そんな背景の下、フランチャイズチェーンでは、多くの人材を直接雇用するリスクが低下します。
オーナーを中心とした家族経営など、比較的安定的に人材確保ができるメリットもあります。さらに、将来の独立希望者の雇用促進などいくつかの人材確保におけるメリットもあります。

こんな時代にこそ、フランチャイズシステムの活用を積極的に推進してみてはいかがですか?