熊本地震に被災された方には謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を願っています。

フランチャイズ業界は、コンビニやお弁当店など生活インフラの一翼を担っている業態が多く、熊本地震でも多くのチェーンが早い段階からおにぎりなどの支援物資を提供するなど災害発生時にはいつも多大な貢献を果たしています。

阪神大震災から東北、今回は九州と日本全国がいつ被災地になってもおかしくありません。
そして、災害が起こった後の復旧にどう役立つかということも大切ですが、災害が起こった際に如何に被害を少なくするかということも重要です。

日々、多くのお客様を迎えているフランチャイズチェーンにとっては、被害を最小限に食い止めるための災害発生時の対応方法(危機管理対応)の標準化が欠かせません。
改めて、現場で徹底されているかどうかをこの機会に確認してみてはいかがですか。