飲食や小売業界を中心に人手不足が悩みの種になっていますが、フランチャイズ業界でも人手不足が加盟店の経営にも大きな影響を与えています。
そんな中、最近増えているのが短時間バイトだそうです。
以前は一日最低4時間、週3日以上勤務からなどの条件が多かったようですが、マクドナルドでは、一日2時間、週1日から勤務可能というような条件でアルバイト募集を始めています。

教育などを考えると、勤務日数の少ない短時間バイトは効率が良くないはずですが、それでもこれくらい短時間で少ない勤務日数でも働く人を集めたいということなのでしょう。しかし、そのためには、教育方法やシフト管理の効率化を図る仕組み作りも必要となってきます。
皆様も人手不足解消のために、効率的な教育方法やシフト管理システムの確立を図って短時間バイトの有効活用を考えてみてはいかがですか?