先週から始まったリオオリンピックで日本中が盛り上がっていますが、
先週から今週にかけては、夏休みで帰省するという方も多いと思います。

地方から都会へ出て働いている人たちも、帰省すると、
両親の老後やお墓、仏壇など“家”のこれからを考えて、
若いうちに故郷に戻って生活基盤をつくったほうがいいのではと考えるのではないでしょうか?

安倍政権発足以来、地方創生が謳われていますが、なかなか実態が伴っていないのも事実です。
一方、フランチャイズシステムは地域密着型の事業に向いた経営システムです。

様々な要因で直営では出店が難しい地域でも、フランチャイズ加盟店であれば経営が成立するという利点もあります。
故郷で暮らすためにフランチャイズ加盟で生活基盤をつくるという選択肢もあるのではないでしょうか。
都会で雇われて生きるか?故郷で独立して生きるか?

フランチャイズ本部の方も、故郷で独立したいという方のサポートをもっと考えてみてはいかがですか?