過去に例のないくらいの好天に恵まれたゴールデンウィークでしたが、家族サービスでかなりお疲れという方も多いのではないでしょうか。地方の観光地だけではなく、都心でもGINZA SIX周辺では大行列ができていました。私も気になって立ち寄ってみようかと思いましたが、予想以上の人出にちょっと入ろうという気にはなれず行列だけ眺めて帰ってきました。
最近は、新規オープンなどもそうですが、湘南の赤潮のように何か起こるとSNSですぐに拡散して多くの人が集まるという現象が見受けられます。単に渋滞が長引くという程度ならいいですが、事故などにつながる危険性も増します。

SNSは、企業のマーケティング活動にとっては素晴らしい武器となりますが、風評被害を引き起こしたり、人が集まりすぎて色々と周りに迷惑をかけるなど予期しない事態を引き起こすこともあります。

フランチャイズ業界でも、近年各加盟店を含めた企業のリスク対応の必要性が重視されており、SNSや通信手段の進化などを考慮して常に新たな対応策を検討して現場に徹底する姿勢が求められています。

皆様の企業では、SNSの活用とリスク回避に関する対応策を併せて企業活動に反映させることができていますか?

6月8日に日本フランチャイズチェーン協会で「本部構築講座」が開催されます。
新入社員の勉強や新たにフランチャイズを始めたいという方はぜひご参加を。

詳しいご案内はこちら(当サイト内)をご覧ください。