今月から日本フランチャイズチェーン協会主催の「スーパーバイザー学校」が始まりました。
毎年春と秋開講の二回開催されています。今回は、秋開講です。
例年春に比べると受講者が減るのですが、今回は春と変わらないくらいの受講者が集まっています。
これまで、一度も受講者を送っていなかったような企業からの参加も増えています。

フランチャイズ業界は、一定の店舗数になると既存加盟店の活性化と脱退防止が最大の課題となります。
加盟店開発を更に推進するためにも、既存加盟店が順調に推移していることが大きなカギとなります。

自社の加盟店サポート体制は、万全ですか?

スーパーバイザー業務の標準化は、出来ていますか?

再度、点検してみてください。