九州地方での豪雨被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
一方、関東では、取水制限から一部地域ではそろそろ給水制限へと水不足が深刻になってきています。
天候は世界規模で不順なようですが、イギリスのEU離脱決定の報によって金融市場も大変動の様相を呈しています。
フランチャイズ業界も世界経済の動きと無縁ではいられません。今後の影響が気になるところです。

さて、皆様のところにはすでに、フランチャイズショー2017の出展案内が届いていると思います。
次回からは、例年より約1カ月前倒しで開催されます。出展の申し込み締め切りも早まっています。
また、今回から早割ができました。早割の申込期限が7月29日です。
あと少ししかありません。出展をお考えの方は、すぐにでもお手続きを!
(参照サイト)「フランチャイズ・ショー2017」

例年フランチャイズショーと言えば、「リテールテックJAPAN」や「建築・建材展」との同時開催でしたが、
次回は、「インバウンドビジネス総合展2017」との同時開催になります。場所も西館から東館に移動します。
同時開催の「インバウンドビジネス総合展」は、初開催となります。
フランチャイズショーの来場者が増えるか減るか?終わってみないとわかりませんが、
フランチャイズショーの出展社は、例年通りかそれ以上の予想だそうです。
日本最大のフランチャイズビジネス関連の展示会ですので、加盟店開発を効率的に進めるためにも、出展を検討してみてはいかがですしょうか。

フランチャイズショーと言えば加盟店開発に関わるイベントですが、
加盟店開発の効率を高める手段として、改めて注目されているのが、書籍出版(企業出版)です。

フランチャイズチェーンは、理念共同体と呼ばれるほど加盟店に本部の考え方に共鳴してもらうことが成功のためには重要です。
しかし、ホームページやパンフレットのようなものだけでは、加盟希望者にフランチャイズ本部の経営トップの本当の想いやこれまでの成長過程を伝えることは難しいと言えます。
そこで有効なツールとして力を発揮するのが書籍です。
活字離れと言われて、本はあまり読まないという人も増えてはいますが、未だに書籍には人を惹きつけ感動させるパワーがあります。
自社が出版した本が書店に並ぶことによって、チェーンのブランド価値が高まる、
加盟オーナーや社員たちの一体感が醸成できる、経営トップの想いを社外に発信する場が拡がるなど、大きな効果が望めます。
また、電子書籍という形態によって、より幅広い層にまで手軽に発信することもできるようになりました。

当社も何冊かの書籍を出版させていただいていますが、信用度アップや我々の提供するノウハウを理解していただけるという点で大きなメリットを感じています。

皆様の加盟店開発の促進と優秀な人材採用のためにも、出版をご検討されてはいかがですか?

ビジネス書籍では、国内有数の出版社であるダイヤモンド社から講師をお招きして、9月8日に「企業出版セミナー」を開催致します。
是非、ご参加ください。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。