フランチャイズ本部に必要な10機能とは?

フランチャイズ本部は加盟店の永続的な繁栄を実現することが最大の使命です。
そのためには、一定のスピードで加盟店を増やし、ブランドパワーを向上させることが求められます。
さらに、FC本部システムを支える10機能を構築、整備することが重要となります。
10の機能のうち、加盟店を拡大する機能が4つ、加盟店の運営をサポートする機能が6つあります。

こちらもチェック>>「フランチャイズ本部構築・立ち上げのための10のステップ」

加盟店を拡大する4つの機能

1.加盟店開発機能

加盟店開発機能とは、新規加盟店を獲得する機能です。フランチャイズ・チェーンは店舗数の急速な増加が成功の鍵となります。したがって、加盟店を開発する機能は本部にとっては最も重要且つ基本的な機能となります。

2.金融支援機能

加盟店の資金需要は開業に伴う費用や日常の運転資金、店舗の改装費用などさまざまです。フランチャイズ・ビジネスにおいては、店舗運営に必要な資金は加盟店が自力で調達することが原則ですが、加盟店の資金調達を支援することで、加盟店の経営安定と出店加速を実現することができます。

3.立地開発機能

フランチャイズ・チェーンは短期間に多店舗化を実現することが成功の大きな鍵です。その実現のためには、出店可能な立地はできる限り多い方がいいのです。そこで、店舗拡大を促進するために、新しい立地での出店可能性を検証、標準化し、自社業態の出店立地の多様化を実現するための機能が必要となります。

4.新業態開発機能

加盟店の永続的な繁栄を実現するためには、本部が複数業態を保持することも必要となります。複合店の展開や業態転換による既存店の活用など単一業態だけでは加盟店を維持できない場合があります。そのためには、常に新しい業態の開発、テストを行うことが求められます。

加盟店の運営をサポートする6つの機能

1.採用支援・教育・研修機能

フランチャイズ・ビジネスは「教育産業」と言われるくらい、教育・研修機能は本部にとって欠くことのできない機能です。そして、ノウハウの標準化と短期間でのノウハウ修得を実現することが教育・研修機能においての最大の課題です。さらに、最近は加盟店における人の確保が翁課題となっています。その対応を本部が支援することで加盟店の運営の正常化を促進することができます。

2.開業支援機能

フランチャイズ加盟店の成功・失敗は、開業から三ヶ月間で決するといっても過言ではありません。加盟店成功のためには開業に向けた業務の標準化と開業時サポートが不可欠です。効率的且つ効果的なオープンニングサポート機能が、急速な加盟店の開業を支えるのです。

3.スーパーバイジング機能

加盟店が本部方針に沿って正しく運営され、永続的な繁栄を実現するために、適切な指導、助言、支援、管理を行う本部スタッフのことをスーパーバイザーといいます。加盟店と本部をつなぎ、加盟店の繁栄を実現する役割を担うスーパーバイジング機能は、フランチャイズ・チェーンの根幹を成す機能です。

4.情報システム&会計機能

情報システムは、IT技術を基盤として、本部と加盟店間の情報共有を迅速化するために不可欠なツールです。情報共有の迅速化によってチェーン全体の経営スピードを加速させるためにも、フランチャイズ・チェーンにとっては欠かせないものです。

5.マーケティング機能

経営環境の変化に適応し競争力を維持するための各種施策の立案、推進機能は本部の役割です。この役割の中で大きな力を発揮するのがマーケティング機能です。商品開発、広告宣伝、販促施策の立案、実施支援機能を充実することがフランチャイズ・チェーンの競争力強化の鍵を握っています。

6.サプライ機能

商品、原材料等を供給するFC本部においては、その供給体制を万全なものにすることは、最低限の役割です。すべての加盟店に同じ条件で“もの”を供給することができて初めて、フランチャイズ本部としては一人前と言えます。そして、本部収益の確保という観点からも、出店エリアと加盟店数に対応した効率的なサプライ機能整備が不可欠となります。

以上簡単にフランチャイズ本部に必要な10の機能を紹介しました。
次からは、それぞれの機能に関して解説していきましょう。