『経営者が100店を超えるために取り組むべきこと』

【講師】 民谷 昌弘(弊社・代表取締役社長)

開催概要

【開催日時】2021年5月17日(月) 14:00~16:00

【開催方式】リアル会場&zoomウェビナー【同時開催】
【定 員】 30名 ※先着順にて受付
【リアル会場】一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)会議室
[所在地]〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目6番2号 第2秋山ビル1F
※zoom参加の方はお申し込みご入金後にJFA事務局からアクセス先をお知らせいたします。
【受講料】《協会会議室参加》JFA会員:6,600円(税込) JFA会員外:11,000円(税込)
《Web参加》JFA会員:5,500円(税込) JFA会員外:8,250円(税込)

【主な内容】
100店舗程度までの中小・中堅チェーンが次の成長を目指すには、フランチャイズ本部としての業態の魅力度アップや本部機能の整備が欠かせません。そして、そのためには、フランチャイズ本部としての現状を客観的に把握することと中長期の将来像の明確化と具体的な活動計画にまで落とし込んだ経営計画の策定~運用、及びリスク発生に備えた事業継続計画(BCP)の策定、定着が不可欠です。そして、その結果として持続的に加盟店満足度を高めることでチェーン全体が活性化され、更なる拡大を実現できます。
本講座では、コロナ禍で将来に不安を抱える中小・中堅のフランチャイズチェーンがさらに成長拡大するために取り組むべきポイントについて解説します。・ポストコロナ時代に求められるフランチャイズ本部の KFS【成功の鍵】とは
・フランチャイズ本部としての完成度を診断する
・フランチャイズ本部機能を先行的に整備する
・加盟しやすい制度の導入を検討する
・次のステージに向けて必要なものとは
中期経営計画の策定、運用
FC本部機能の整備と本部業務の効率化推進(DX)
リスクに備えるBCPの策定、運用
おすすめの記事