最近、ノートパソコンを持ち歩く女性の方が以前より増えたように感じることがあります。
働き方改革に伴って、自宅や社外で仕事をするために持ち歩くことが増えているのかもしれません。

労働時間の制限、職場環境への配慮など、企業に求められる義務が年々増えています。
これらの課題にどのように向き合うか、解決すべき問題はどこにあるのかは、企業毎に異なるわけですが、働き方の時代変化に伴う働き手の意識変化も的確に捉えていくことが求められていると感じます。

先週はコンビニ店舗運営の効率化を取り上げましたが、職場環境に対する「外圧」とも呼べるような波に対して、単に「対応出来る、出来ない」という二者択一だけでなく、例えば従業員の労働時間とストレス軽減をセットに考えるなど、生産性改善の第三の選択肢を捻り出せないか、いろいろと情報収集をしてみてはいかがでしょうか?
もしかすると、今まで思いつかなかったビジネスモデルが見つかるかもしれません。

おすすめの記事