在宅勤務が続いている中で、日本に限らず在宅勤務による精神的な「燃え尽き」「説明できない不安感」などのストレスが課題になっています。
一方で(筆者も従来通り出勤している身ですが)、通勤する方が戻っていることも確かです。

営業活動でも、全てオンラインによる面談で契約できるのか、営業目標は達成できるのだろうかという不安を募らせている方も多いかもしれません。
数週間前のこのメルマガでも、飛び込み営業のことを書きましたが、法人営業が思うように進まない中、ダメもとで従来の営業活動を再開するしか手がなかったのかもしれません。

また、営業活動する中で、相手の懐にどうやったら入れるのかなど、考えれば考えるほど不安要素が増え、膨れ上がっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

営業活動もオンラインだけに切り替えることが可能な場合、不可能な場合はあるかもしれませんが、リアルとオンライの狭間で、考え直すことが突破口になるのではないか、そう感じるニュースや情報が少なからずあります。

ゼロから考えるという無理はせずに、真似出来そうなところから手掛けてみるのも良いかもしれません。

FC専門コンサルタントにご相談ください

「フランチャイズ展開を考えたい」「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」「のれん分け制度を作りたい」など、フランチャイズビジネスに関わるお悩みは、貴社ビジネスの新しいカタチを模索している経営者の方、事業責任者の方、アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。
経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

 

おすすめの記事