このメルマガでも何度も紹介した「フランチャイズ・ショー2021」(日本経済新聞社主催・東京ビッグサイト)は、4日間の会期を無事終了しました。
4日間の来場者は計16,801人と発表されました(2019年の56%)。

コロナ禍で緊急事態宣言が延長される中でしたので、来場者は大幅に減少したわけですが、初出展された本部様の中には非常に手応えがあったという声もお聞きしました。
そうしたことを見聞きしていますと、これからの時代にあって、どういうビジネスに取り組むべきかを真剣に考えていることが伝わってきました。

ただ、社会全体が落ち着かない中でもあり、加盟希望者が出店まで漕ぎ着けるまでのフォロー、サポートでは、Webミーティングなどのまだまだ慣れない対応方法を取らざるを得ないなど、試行錯誤が続くと思われます。
それらの困難、面倒が当たり前に感じられるくらいに、今年は、加盟店サポートのサービス内容、あるいは本部スタッフの経験値とノウハウ化が鍵を握ると考えています。

★フランチャイズ・ショー大阪2021★ https://messe.nikkei.co.jp/fc/
2021年6月10日(木)・11日(金)インテック大阪

おすすめの記事