新型コロナウイルスの第6波に備えて、3回目のワクチン接種を前倒しが進みつつある最中、
オミクロン株という新しい変異種が発見され、入国制限等の対策が始まっています。

原油高、景気回復への懸念など、NYダウ平均は高い水準で動いていますが、
日経平均株価は3万円台をなかなか回復しないばかりか、下降気味とも感じます。
年末年始を控えて、一安心と思っていたことも、一転しています。

そうした中ですが、日本経済新聞社が2021年の「NEXTユニコーン調査」で企業価値を発表しました。
企業価値が1,000億円超と推計されるスタートアップ企業が増加しているとのこと。

日本でも社会に新しい価値を提供する未上場スタートアップが増えていることは、
米国、中国には程遠いとはいうものの、明るい話題です。

残念ながら、フランチャイズ化するような事業は表立っては見えませんが、
フランチャイズを活用することによって、日本の将来に希望が持てるようなビジネスも加わって欲しいと思います。

おすすめの記事