人への関心は差別化のカギに

「無人店舗」「一人でできる」「未経験者でも可能」など、
最近のフランチャイズの募集キーワードには、
「開業が容易」であることをアピールするキャッチフレーズがうけるようです。

事業資金を投入すれば、あとは本部がやってくれる、苦労しなくても儲かるという感覚でとらえる方も少なくないと思われます。

この現象は、特にネットによる加盟募集広告が進んで、より顕著になっています。
インターネット広告、検索の仕組みを考えれば、このような流れになるのも理解できます。

では、そうではないフランチャイズ・ビジネスは目もくれないのでしょうか?

他にニーズはないのかどうか?
ネット広告会社の成功体験に依存しすぎていないか?を考えて、試行錯誤することも大切だと思います。

加盟する時は、意欲があるが、売上が落ちるとすぐ撤退するという加盟店は少なくありません。
フランチャイズ・ビジネスの魅力の一つは、地域に密着したビジネスを継続的にできることにあります。
つまり、加盟店が長くビジネスを続けられるかどうかは、FC本部にとっても重要課題なのです。

ビジネスを継続するには、事業資金もさることながら、
加盟店オーナーが「人」にも投資し続ける経営姿勢が問われます。
採用はもちろん、雇用の安定、人材の育成など。
そう考えると、本部にとっても、人に関わるFC本部のノウハウ、サポートが一段と重要であることが少し理解いただけるのではないかと思います。

人への関心の低いビジネスは長続きしません。フランチャイズでもそれは同じです。

その上で、少人数経営などのビジネスとしての差別化ポイントをどう出せるかがカギになると言えます。

FC本部は、オーナー、加盟店で働く人にもメリットを感じてもらい、経営継続できるサポート体制をつくっていただけたらと思います。

FC専門コンサルタントがご相談を承ります

「フランチャイズ本部の立上げを検討している」アクアネット フランチャイズ・コンサルタント

「自社の事業がフランチャイズに出来るかを知りたい」

「フランチャイズ本部の運営がうまくいかない」

「のれん分け制度を構築したい」など、

アクアネット フランチャイズ経営研究所のフランチャイズ・コンサルタントにお気軽にお寄せください。経験豊富なフランチャイズコンサルタントがご相談を承ります。

FC無料相談に申し込む

おすすめの記事