マスコミ等で話題になって少し時間が経っていて、あまり早いとは言えないのですが、先日、初めて「Clubhouse」に参加させていただきました。
Yamachi Unitedグループ(山地ユナイテッド株式会社)代表の山地章夫社長が開催されている多角化経営戦略で事業拡大を目指すという経営者の集まりです。
参加されている方の多くが、複数の事業を展開して事業拡大を目指しておられる経営者の方で、皆さん様々な事業を手掛けて成功をおさめられています。
皆さまの話を聞いていると、成功するためのポリシーがそれぞれ存在しているということが伝わってきました。

事業多角化におけるフランチャイズシステムの活用

複数事業を手掛けるために、M&Aの活用やフランチャイズ加盟に加えてフランチャイズ本部運営まで幅広い取り組みを行なっているというお話を伺えました。
今回は、事業多角化におけるフランチャイズシステムの活用というサブテーマだったので、私が参加させていただいたという次第です。

皆さまのお話の中に頻繁に出てきたのが、

“WEB集客のノウハウを確立すること”、
“サブスクの活用による固定客づくり”、
“それぞれの事業を任せる責任者の育成”、
“事業は異なっても共通の社風(理念の共有)を持つことが大切”

といったワードです。

まさに成功の鍵となるワードであり、
新規事業に参入する際に成功するための基準となっているという印象を受けました。

「Clubhouse」、経営者同士の新しい情報交流にも

今回のあつまりは、毎週2回定期的にメンバーが集まって「Clubhouse」で討論しあうというものですが、
他の経営者の意見を聞いているうちに新しい発想や新規事業のヒントがつかめるというメリットがあるように感じました。
一人で考えていても行き詰ってしまうという経営者の方は、同じような環境にある経営者の考え方を直接聞ける場として「Clubhouse」を活用するというのは、かなり役立つのではないかと思います。

他の経営者や専門家の話を気軽に聞いたり、自分の意見に対して他の経営者の反応がすぐに返ってくるというのは、大きな刺激を得られるとともに自分の考え方を修正したり、取り組もうとしていることに対して背中を押されたりという場にもなりそうです。

様々なSNSが登場していますが、ツイッターに始まり、フェイスブックやインスタグラムなどは情報発信する手段として完全に定着しています。ユーチューブも企業の広報活動や経営者の情報発信の場として活用が進んでいます。

これらのSNS活用によって企業の情報発信力を高める活動は欠かせませんが、「Clubhouse」は、経営者間の情報交流の場として手軽に活用できるツールとして面白いのではという印象を持ちました。

WEB上で様々なツールが生み出されています。企業活動への活用を積極的に進めることが成功への一歩となる時代になっているのだと感じました。

おすすめの記事